JIOお客様相談室
  • 届出・登録事業者検索
  • 企業情報

ホーム > 住宅審査業務 > 住宅性能表示制度 > 性能評価のメリットとポイント

住宅審査業務トップ

性能評価のメリットとポイント

注文住宅の場合、希望する目標性能を設定し建築できます。

性能評価のメリット

お引越し後、建築会社とトラブルになった場合でも、わずかな費用で紛争処理機関を利用できます

建設住宅性能評価書が交付された住宅において、引渡し後万一トラブルが発生した場合、建築の専門家や弁護士で組織されている「指定住宅紛争処理機関」を利用することができます。
わずかな費用で早期の解決が可能になります。

住宅性能表示住宅は地震保険が優遇されます

耐震等級割引率
2014年6月30日以前2014年7月1日以降
3 30% 50%
2 20% 30%
1 10% 10%

評価された耐震性能の等級に応じて地震保険料の割引をうけることができます。

(詳しくは一般社団法人日本損害保険協会HP をご確認ください。)

性能評価のポイント

住宅取得者のライフスタイルや地域の気候・風土への対応、デザイン、建築コストなど表示基準の対象となっていない面も考慮して、それぞれの住宅取得者に最も適した性能の組み合わせを選択することが重要です。

ポイント1.数値は高いほうがよい?

等級の高いものや数値の良いものだけをむやみに求めると建設コストの上昇を招くおそれがあります。
例えば、閑静な住宅地に建てる住宅に、遮音性の高いサッシがどの程度必要であるか、日中の外出が多くほとんど使用しない住宅に採光のための大きな窓がどの程度必要であるか、広さや間取りを犠牲にして、表示された性能だけが高ければよいのか、などについて考慮することが重要です。

ポイント2.表示項目同士の相反関係に注意しましょう!

相反関係とは、ある性能を高めようとすると、他の性能が低くなる関係をいいます。
設計の方法にもよりますが、例えば冷暖房の効率を高めるためには、窓を小さくすることが一般的に有効とされますが、逆に採光の面では不利になります。よく理解し選択することが大切です。

住宅性能評価に関するお問合せ先・申請先
名称住所・TEL・FAX担当エリア
新築住宅既存住宅
株式会社 日本住宅保証検査機構
住宅評価部
性能評価センター
〒136-0071
東京都江東区亀戸1-14-4 第二萬富ビル 5F
TEL:03-6861-9214
FAX:03-6861-9237
下記の担当エリアを除く日本全域 日本全域
株式会社 日本住宅保証検査機構
東北支店
東日本性能評価センター
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町2-1-29 仙台本町ホンマビルディング 3F
TEL:022-215-2356
FAX:022-215-7051
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、山梨県、長野県 --
株式会社 日本住宅保証検査機構
中部支店
中部性能評価センター
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-20-25 丸の内STビル9F
TEL:052-218-6214
FAX:052-204-6508
愛知県、岐阜県、三重県、静岡県 --
株式会社 日本住宅保証検査機構
大阪支店
関西性能評価センター
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-10-8 パシフィックマークス肥後橋6F
TEL:06-7711-0002
FAX:06-7711-0003
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、福井県、石川県、富山県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 --