JIOお客様相談室
  • 届出・登録事業者検索
  • 企業情報

ホーム > 住宅かし保険 > 既存住宅かし保険 > 保険の内容(個人間用)マンション戸単位

住宅かし保険トップ

個人間用 保険の内容 マンション戸単位

対象住宅

既存住宅
(右のいずれかに該当する住宅)
住宅の建設工事完了日から1年を超える住宅
人の居住の用に供したことのある住宅
かつ耐震基準に
適合している住宅
昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた住宅
昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた住宅でも、耐震基準への適合が確認された住宅、または改修工事により耐震基準に適合させる住宅
上記に加え
次の条件を全て満たす
必要があります
区分所有される既存の共同住宅であること
保険の対象住宅の属する住棟の延床面積が500m2以上または総階数が4以上で、区分所有される専有部分の区画が5以上であること
保険申込みの対象住宅戸数が1戸であること

保険対象となる瑕疵

● 構造耐力上主要な部分が基本的な構造耐力性能を満たさない場合

● 雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさない場合

● 保険対象住戸の専有部分にある給排水管路が通常有すべき性能
または機能を満たさない場合

保険対象となる瑕疵

保険期間

●保険申込時に選択した、1年間または5年間のいずれかの期間となります。
※保険期間は、原則として保険証券に記載されている保険期間の初日の午前0時に始まり、末日の午後12時に終わります。

戸建住宅または共同住宅で1住棟をお引渡しの場合

保険金額・各費用における支払限度額

「1住戸」あたりの支払限度額は、保険期間を通算して保険申込時に選択した500万円または1,000万円です。 (保険期間が5年間の場合は1,000万円となります。)
・次の費用については、「1回の事故」あたり下表の金額を限度とします。

項目限度額
仮住居費用・転居費用 50万円
損害調査費用 50万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円