JIOお客様相談室
  • 届出・登録事業者検索
  • 企業情報

ホーム > 住宅かし保険 > 既存住宅かし保険 > 保険の内容(個人間)戸建住宅・共同住宅

住宅かし保険トップ

個人間用 保険の内容 戸建住宅・共同住宅

対象住宅

既存住宅
(右のいずれかに該当する住宅)
住宅の建設工事完了日から1年を超える住宅
人の居住の用に供したことのある住宅
かつ耐震基準に
適合している住宅
昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた住宅
昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた住宅でも、耐震基準への適合が確認された住宅、または改修工事により耐震基準に適合させる住宅

保険対象となる瑕疵

(○は特約の対象)

● 構造耐力上主要な部分が基本的な構造耐力性能を満たさない場合

● 雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさない場合

○ 給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさない場合

○ 引渡前リフォーム工事を実施したすべての部分について、 社会通念上必要とされる性能を満たさない場合
(保険期間が5年間の場合のみ、特約付帯可)

保険期間

●保険申込時に選択した、1年間または5年間のいずれかの期間となります。
※保険期間は、原則として保険証券に記載されている保険期間の初日の午前0時に始まり、末日の午後12時に終わります。
※特約の対象部分(基本構造部分以外)の保険期間詳細については特約の概要をご参照ください。

戸建住宅または共同住宅で1住棟をお引渡しの場合

戸建住宅または共同住宅で1住棟をお引渡しの場合

戸建住宅または共同住宅で1住棟をお引渡しの場合

戸建住宅または共同住宅で1住棟をお引渡しの場合

保険金額・各費用における支払限度額

「1住宅」または「1住戸」あたりの支払限度額は、保険期間を通算して保険申込時に選択した500万円または1,000万円です。 (保険期間が5年間の場合は1,000万円となります。)
・次の費用については、「1回の事故」あたり下表の金額を限度とします。

項目限度額
仮住居費用・転居費用 50万円(1住宅または1住戸あたり)
損害調査費用 戸建住宅
(1住宅あたり)
50万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円
共同住宅
(1住棟あたり)
200万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円

特約の概要

JIO既存住宅かし保証保険(個人間用)にオプションで下記の特約を付帯し、基本構造部分以外を保険対象に追加することができます。

ご注意! 中古マンション戸単位売買かし保証保険(個人間用)には、下表の特約はありません

保険期間「1年間」の場合

特約条項保険金をお支払いする場合特約の保険期間
給排水管路特約条項 給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさない場合にその損害について保険金をお支払いします。 お引渡日から1年間

保険期間「5年間」の場合

特約条項保険金をお支払いする場合特約の保険期間
給排水管路特約条項 給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさない場合にその損害について保険金をお支払いします。 お引渡日から5年間
引渡前リフォーム工事
特約条項
引渡前リフォーム工事を実施したすべての部分について、社会通念上必要とされる性能を満たさない場合にその損害について保険金をお支払いします。 お引渡日から1年間
給排水管路・
引渡前リフォーム工事
特約条項
「給排水管路特約」と「引渡前リフォーム工事特約」の内容をセットにした特約です。
保険金をお支払いする場合は、それぞれの対象部分について上記特約の内容と同じです。
給排水管路
お引渡日から5年間
引渡前リフォーム工事
お引渡日から1年間

※ただし、共同住宅で住戸ごとにお引渡しの場合の保険期間は以下のとおりです。
( 分譲マンション等 区分所有される住宅で複数住戸を同時にお申し込みいただいた場合)

保険対象部分特約の保険期間
給排水管路 【保険の始期】各住戸のお引渡し日
【保険の終期】同一住棟内で最初に保険期間が開始した住戸のお引渡しの日から6年を経過した日
引渡前リフォーム工事 【保険の始期】各住戸のお引渡し日
【保険の終期】同一住棟内で最初に保険期間が開始した住戸のお引渡しの日から1年を経過した日

〈特約により保険対象となる部分1 〉

※「給排水管路特約」、「給排水管路・引渡前リフォーム工事特約」付帯の場合

給排水管路

住宅またはその敷地内に設置された給水管、給湯管、排水管または汚水管で以下を除くもの

・ 設備機器にかかる部分、水道事業者、水道管理者または下水道管理者が所有または管理しているもの

・ 分譲共同住宅における保険対象住戸以外の専有部分であるもの

給排水管路

〈特約により保険対象となる部分2 〉

※「引渡前リフォーム工事特約」、「給排水管路・引渡前リフォーム工事特約」付帯の場合

引渡前リフォーム工事

住宅の部分または一体となった設備にかかる工事(解体工事、撤去作業、清掃作業および 増築工事を除く)で、保険申込から引渡しまでの間に実施され保険証券に記載されたもの
( 保険期間が1年間の場合は付帯不可)

引渡前リフォーム工事

■引渡前リフォーム工事部分の事故事例

下表の左欄の部分等に実施したリフォーム工事で右欄のような事象が生じた場合が保険事故の対象となります。

保険対象工事部分事象例
コンクリート工事 玄関土間、犬走り またはテラス等の構造耐力上主要な部分以外のコンクリート部分 著しい沈下、ひび割れ、不陸または隆起が生じること
木工事 床、壁、天井、屋根または階段等の木造部分 著しいそり、すきま、割れ または たわみが生じること
ボード、表装工事 床、壁もしくは天井等のボードまたは表装工事部分 仕上材に著しい剥離、変形、ひび割れ、変質、浮き、すき またはしみが生じること
建具、ガラス工事 内部建具の取付工事部分 建具または建具枠に、著しい変形、亀裂、破損、開閉不良またはがたつきが生じること
左官、タイル工事 壁、床もしくは天井等の左官、吹付け、石張またはタイル工事部分 モルタル、プラスター、しっくい または石・タイル等の仕上部分もしくは石・タイル仕上げの目地部分に、著しい剥離、亀裂、破損または変退色が生じること
塗装工事 塗装仕上の工事部分 著しい白化、白亜化、はがれ または亀裂が生じること
屋根工事 屋根仕上部分 屋根ふき材に著しいずれ、浮き、変形、破損または排水不良が生じること
内部防水工事 浴室等の水廻り部分の工事部分 タイル目地の亀裂または破損、防水層の破断もしくは水廻り部分と一般部分の接合部の防水不良が生じること
断熱工事 壁、床または天井裏等の断熱工事部分 断熱材のはがれが生じること
防露工事 壁、床または天井裏等の防露工事部分 適切な換気状態での、水蒸気の発生しない暖房機器の通常の使用下において、結露水のしたたり または結露によるかびの発生が生じること
電気工事 配管、配線の工事部分 破損または作動不良が生じること
コンセント、スイッチの取付工事部分 作動不良が生じること
給水、給湯または
温水暖房工事
配管の工事部分 破損、水漏れ または作動不良が生じること
蛇口、水栓またはトラップの取付工事部分 破損、水漏れ または作動不良が生じること
厨房または衛生器具の取付工事部分 破損、水漏れ、排水不良 または作動不良が生じること
排水工事 配管の工事部分 排水不良または水漏れが生じること
汚水処理工事 汚水処理槽の取付工事部分 破損、水漏れ または作動不良が生じること
ガス工事 配管の工事部分 破損、ガス漏れ または作動不良が生じること
ガス栓の取付工事部分 破損、ガス漏れ または作動不良が生じること
雑工事 小屋裏、軒裏または床下の換気孔の設置工事部分 脱落、破損または作動不良が生じること
■特約を付帯した場合の保険金をお支払いできない場合( 免責事由)

保険金をお支払いできない場合のほか、次に掲げる事由により生じた損害に対しては保険金をお支払いしません。

・引渡前リフォーム工事に伴い設置、更新または修繕された機器、器具または設備自体の不具合

・引渡前リフォーム工事における建材または内外装の色、柄または色調の選択(塗装作業における塗料の色の選択を含みます)の誤り

・引渡前リフォーム工事において意図された効能または性能(防音性能・断熱性能等)の未達または不発揮

注意事項

保険申込時から保険契約締結時*までに工事内容が変更となった場合は、JIOにお申出ください。お申出がない場合、変更箇所が原因の瑕疵についてはお支払いできないことがありますので、ご注意ください。
※保険契約締結時とは、最終検査に適合した日をいいます。