既存住宅かし保険

JIO既存(中古)住宅保険

やっと見つけた家族にぴったりの家。中古でも安心できる「わが家」を選びたいから、私たちはこの保険に注目しました。

最近、中古住宅を購入する人が増えてるそうだけど、どうなの?

新築に比べて割安感のある中古住宅を選ぶ人が増えています。

中古住宅は新築住宅と比較して、
駅や学校・スーパーに近いなどの立地や、
間取り、広さ・設備などで魅力的な物件も多く、
程度の良い中古住宅を購入することは
「賢い買物」と言えるかもしれません。

前へ

お買い得なのはわかるけど、中古住宅ってなんとなく不安だなぁ...

人の身体と同じく本当に大事な部分の性能(状態)は見た目ではわかりません。

見た目はきれいでも不具合が隠れている物件を
購入してしまったら、いくら価格が安くても
「賢い買物」にはなりません。
また、住んでしばらくした後に不具合が起こって、
予定外の出費...ということも考えられます。

前へ

実際、中古住宅の保証ってどうなってるの?

仲介される中古住宅の契約条件は、一般に引渡後の保証はゼロか、2~3カ月になっています。

宅建業者が販売する住宅については、通常2年間
だけ瑕疵の補修(又は賠償)を請求できますが
(宅建業法で2年以上の保証期間を定めている
ので)、それでも新築住宅(基本構造部分は10年)
よりもかなり短いのが現状です。

前へ

そんな時、プロの検査があれば安心だとはおもいませんか?

『JIO既存( 中古)住宅かし保険』は、中古住宅を安心して購入できるように、「検査」と「保証」がセットになった保険です。

この保険は、JIOに登録された事業者が加入します。JIOは保険の
引き受けにあたり中古住宅を検査し、不具合が発生した場合の
補修費用等を事業者にお支払いします。検査は、引渡前に
建築士の資格を持ったJIOの検査員がチェックします。
検査で不具合が見つかればきちんと補修した後で、保険に
加入します。(補修しなければ保険に加入できません)

前へ

もしも、その後不具合が発生したら?

不具合があったら保険金でしっかりと補修します。

「JIO既存(中古)住宅かし保険」では不具合に 対する保証を事業者(売主*)に義務付けているので 安心です。また補修にかかる費用を保険でカバー できるので、必要な補修工事が確実に実施できます。

【保険金の支払限度額】 500万円または1,000万円

前へ

もし事業者(売主)が倒産してしまったら?

大丈夫です。JIOに直接保険金の請求ができます。

万が一事業者が倒産した後に不具合が
起こっても、保険期間内であれば、
買主様が補修費用を
直接JIOに請求できます。

前へ

保険期間はいつまでですか?

保険期間は住宅の引渡しから2年または5年間です。

保険の対象となるのは、新築住宅では10年間の瑕疵
担保責任を義務づけている「構造耐力上主要な部分」
と「雨水の浸入を防止する部分」です。その他、
不具合が出ることの多い「給排水管路」も特約
として5年間の保険対象に追加できます。

前へ

『JIOリフォームかし保険』の加入は任意です。中古住宅購入の際は、登録事業者に保険の加入を依頼してください。

JIO既存(中古)住宅かし保険パンフレット資料請求
前へ
閉じる